人気ブログランキング |

<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

普通生活に戻り、油断。

息子くんの術後から2週間半。
先週の木曜日から、やっと薬無しでも食べれるようになり、完全復活!
今は、術前よりもはるかに食べる量が増えました。
やっぱり扁桃腺が大きくて飲む込むのが大変だったんだろうと思います。
そして、睡眠時も呼吸を確認したくなるくらい寝息が静かになっていて、
口呼吸から鼻呼吸になりました(多分。笑)

で、息子君の術後のお世話をする一方で、語学学校のテストが迫っていて、
このテストが簡単な小テストとかならいいものの、よりによって中間テスト的な物で、
テストに出る範囲が、クラス前半全部という恐怖のテスト。
いやいや~、どうしますの、私!!
っと思いつつ、テスト前日には勉強する気になれず・・・頭に情報がいっぱい過ぎて(苦笑)

で、結果。
テストの一部が、私が全く勉強していなかった部分が出てしまったという(笑)
まぁ、いいんです。他のとこはある程度埋めれたのでね。
0点ではないと思うので、良いんです。終わったしね。
あとは、金曜日にあるスピーキング。
これは勉強しようがないので、とりあえずぶっつけ本番で。はい。

で、ドタバタ我が家にようやくセントラルヒーティングが設置されました!
寝室が寝る時に暖かいって素敵・・・♡
なので、リビングにあったオフィスを寝室に移動、からの色々お片づけ。
まだやり足りないので、ゴソゴソ動く日々。
そのついでに(?)、月曜に産まれたばかりの赤ちゃんを見に出かけたり。

なかなか充実した日々を過ごし、油断してましたら・・・
タブレットを落としてスクリーンにヒビが入るという悲劇に見舞われております(泣)
気持ちが浮かれていたのでしょう。やってもた。
修理費いくらかかるのか・・・ゾッとします。

とりあえず、色々気が抜け、尚且つ動いてるので、日々眠いです。はい。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村
by chocolatecocoa58 | 2015-01-29 20:03 | 日常。

術後の経過。

術後8日目の今日、午前中だけ幼稚園の復帰。
1週間振りに学校に頑張って行ったのに、なんと雪の洗礼・・・
なんて酷いんだ・・・雨じゃないだけマシだけど。

術後、ほんとにいびきをかかなくなり、静か過ぎるのが逆に心配で、
退院してすぐの頃は息をしてるのか確認したほど(笑)
あんだけ苦しそうないびきをしてたのに、劇的な変化。

ただ、まだちゃんと食べれない。
子供は治りが早いと聞いていたけど、うちの子はカメの足並みに遅い様子。
いや、もしくはこれが普通なのか?

木曜の夜くらいまで「いたくない~~」と言っていたけど、
金曜からいよいよ我慢できなくなってきたらしく(←無駄に我慢強い)、
食べる時にほっぺを押さえながら「いたい~~~!!!」と言うようになりました。
痛い時は、抱っこマン。日頃全く甘えん坊じゃないので、なんだか新鮮・・・
って喜びを感じてる場合でもないんですが(笑)

反省しないといけないのは、息子君の「痛くない」を信じてしまっていたので、
喉の痛みどめしかあげてなかった事。
もう一つ、日本でいうバファリン的な薬もあったんですが、熱もないし、
そこまで痛がってないから、大丈夫なんだろうと思いあげてなかったのです・・・

結局、痛いんじゃん!!!って事になって、今は2種類与えてはいるんですが、
これまた大暴れで・・・。
普段、どの飲み薬もすんなり飲んでくれるのに、この2つの薬はドロッとしてるからか、
飲みたがらず、ほんの少しの量を飲ませる為に我が家では戦争が起こっております(汗)

まぁ、戦って飲ませてるおかげか、術後から数日経ったからか、
多少は食べれるようになってはいます。
ガレットとかアイスは、痛い痛いと言いながらも、ゆーーっくり食べきります。
全く食べなかった頃に比べると、かなりの成長。
あんまり体重は減ってないけど、服を脱げば明らかに痩せてきているので、
早くもっと食べれるようになって欲しいんだけど・・・。

そして術後に声変りしました。
ネットで知っていましたが、本当に半オクターブくらい上がった感じで、
女の子の声というか、アニメ声というか、
時々「キテレツ大百科」のエンディング曲の声にも聞こえる(笑)
めっちゃ可愛い上に、面白いんだけど、このままだと可哀そうなので、
これも早く落ち着いて欲しいなぁ。
(友達の子は、時が経つにつれて元に戻ってきたらしい)

あぁ、あとは・・・やけに癇癪を起します(苦笑)そして情緒不安定気味。
こればっかりは仕方ないんですけどねー。
勝手に手術されるわ、麻酔から覚めてから吐くわ、痛いわ、食べれないわ、
嫌いな薬は飲まされるわetc・・・・
分からなくはないんですが、大変でもあります・・・・はい・・・(小さな本音。笑)

とりあえず、一日でも早く良くなってくれると良いな。
っというか・・・助かるな・・・(笑)


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村
by chocolatecocoa58 | 2015-01-19 18:47 | 子育て。
月曜日に遂に息子君の手術をしてきました。
扁桃腺だけだと思ってたんですが、麻酔科の先生と話す時に、そうではなかったと知りまして(笑)
扁桃腺とアデノイドともう一つは耳。
ただ、この単語が聞き取れなかったのと、旦那くんもよく分かんないとの事で、今でも分かりません(笑)
が、恐らく高い確率で、中耳炎関係の手術です。

息子君には何も伝えなくていいかなと思ったんですが、
2日前から病院でもらった冊子を見せながら、簡単に説明しました。
手術というのは、到底分からないので「喉にバイキンマンがいるから、先生がアンパンチしてくれるからね」
と伝え、アンパンチするお部屋には、ママとパパは一緒に行けないっていうのも伝えておきました。

ちなみに前夜の0時から絶食の絶飲。
元々からそんなに食に関して興味が薄いので、起きてからも何も言ってこないだろうと思ってたら、
思ってた通り何も聞いてきませんでした(笑)

当日、なんなかの反応を見せるかと思いきや、
相変わらずの病院好き&人好きと発揮し、ウハウハ。
何も恐れず、自ら小児科に入り、病室でも楽しげ。
麻酔の前に投薬する薬をお尻から入れられても、暴れもしない。
看護師さんもびっくり。

結構待たされるのかと思いきや、薬を入れてすぐベッドを運ぶ人がやってきたので、
あれやあれやと手術室へ!!
ベッドで運ばれてる間も「皆こうだったらいいんだけどね~」と言われた(笑)

手術室には回復室もあり、そこには1人しか入れないので、私が付いて行く事に。
そこで手術の番が来るのを待ちます。
あともう一人付いてきてくれた奴がいて、「メーメー」という息子くんのお気に入りのぬいぐるみ。
家で寝る時には必ず一緒に寝ていて、ちょっとした精神安定剤的な存在。
(と言っても、メーメーがいなくても寝れます)

息子くんと話しながら待っていると女の先生がやってきて、
「よし、行こうね。私の所においで」と言われ、
素直にOuiと従い、大人しく抱っこされてメーメーと共に手術室に運ばれて行きました。

なんと出来た子・・・っていうか、3才児がこんなに大人しく出来るのか?
暴れる心配はないと思ってましたが、大人しすぎて逆に心配です(苦笑)

その後は旦那くんとカフェテリアで、手術終了の電話を待ってました。
40分~1時間くらいだろうと看護師さんに言われてたのですが、
本当に1時間後くらいに電話がかかってきました。

再び回復室へ私だけ入り、手術を終えた息子君の所に。
まだ麻酔から覚めてなかった息子くんは、スヤスヤ寝ていたのですが、
口にも鼻にも耳にも血が付いていて、それがもう痛々しくて泣きそうになりました。
全身麻酔だったとはいえ、本当に本当に頑張ってくれました。
今まで、どんなに熱が出ても「変わってあげたい」と思う事がなかった酷い母なのですが、
今回ばかりは、本当に変わってあげたいと思いました。
左手に繋がれた点滴も痛々しい・・・。

痛々しい息子君を見守っていると、徐々に意識が戻ってきたので、
病室に戻る事に。
旦那くんも合流して、病室に戻っている途中で、意識も戻りました。
全身麻酔が切れると暴れたり、大泣きするとネットで見ていたのですが、
まーーーったくそのような事は起こらず。性格もあるのでしょうか??
起きてすぐ探したのはメーメーでした(笑)

お部屋に戻って30分頃から、まず水を与えられたのですが、全く飲みたがらない。
では、アイスはどうかと渡され、あげたら完食!
おぉ~~。これは無事に今日中に退院出来そうだ~♪と思ったけど、
その後、嘔吐!!!
そしてその被害に見事にあってしまったメーメー・・・。
直ぐに洗いましたが、匂いが・・・チーーーン。

嘔吐との原因は、術中に血を飲み込んでいて、胃が拒絶反応を起こすからだそうで、
術後にこう嘔吐するのは普通らしいのですが、
息子くんは、かなりの量の血を飲み込んでたらしく、夜まで嘔吐が止まりませんでした。

で、結局1日入院が決定。
ありがたい事に病院から家まで車で2~3分なので、
一旦家に帰って、明日の帰宅時に間に合うようにメーメーを洗濯機に入れ廻し、
晩御飯をかき込んで、荷物を持って再び病院へ。

入れ替わりで、旦那くんが帰宅しまして、私は狭いベッドで息子君と添い寝。
(付き添いの人のベッドが無かった・・・)

添い寝してる時、ピタッと寄り添ってきたり、私の手を探したり、足をくっつかせてきたりして、
あぁ、不安なんだなと思いました。
狭くて体が痛くなったけど、添い寝して良かったと思います。

翌日、水を数口飲み、アイスをほぼ間食したので、無事に午前中に退院出来ました。
今日はまだ3日目で、あまり食べたりしませんが、水分は前より取れるようになりました。

術後の変化は、あの苦しそうないびきを全然しなくなった事。
これは、麻酔から覚めてない時から、すでに気付いていました。
こんなに違うのかと驚き、手術して良かったと思えた事です。

1週間くらいで元の生活に戻れるそうなので、それまでのんびりゆっくり過ごしたいと思います。
頑張った息子くん。
どうかずっと健康で大きく育ちますように。
by chocolatecocoa58 | 2015-01-14 23:07 | 子育て。
パリのあのテロ事件があってから、色々と思う事があって、わけわかんない事になってる私です。
なので、ぶつぶつ書いてみようかと。
今まで以上につまらない内容だし、誰かの反感買う内容かもしれないので、スルー大歓迎!!

**************************************************************
どんな事があれ、あのようなテロ行為は許された事じゃないし、
常識を外れているのは分かってる前提ですが、
正直Charlie Hebdoがテロにあった時、100%悲しみを覚えなかった自分がいます。
なぜなら、私自信が俗にいうブラックジョークだったり、風刺画があまり好きじゃないからです。
自国の事(最近で言えば福島)とかの事をあのような感じで描かれたら、かなり不快です。
報道の自由と言っても、限度や節度があるんじゃないかと、ずっと思ってました。

そして今回テロの標的になり、12人もの死者をその場で出しました。
(もう一度言っておきますが、こんな事が許されるわけじゃないのは分かってます。)

そんな中、ネットなどを読んで知ったのは風刺画の本来の目的。
それは、風刺画で描かれた人をバカにしたりする為ではなく、
読んでる人達に描かれてる事に対しての疑問を投げかける事が目的という事です。
そういうのを見て、あー確かにそうだと思いました。
自国以外の内容の風刺画を見た時は、「よく捉えて描かれてるかー」と思う事もありましたわ。

なので色々ネットで読んでるうちに、こういうテロ行為のせいで、
自分の意見などを迂闊に発言出来なくなってしまったら嫌だなと思ったのです。
報道関係の人で言えば、真実や市民の意見などを伝え方を曲げなくちゃいけなくなったら嫌だ。
(日本は、もうテレビの内容なんて、ほとんど信じれないみたいだけど。悲)
まずは、そんな事を悶々と考えていました。

****************************************************************
そして、イスラム教についても色々考えてたら、頭が痛くなりました(苦笑)
そもそもイスラム教って何なんだ?教えって何なんだ?と思い、調べて読んでみたものの、
頭の悪い私には、歴史の事や教えの内容とかが、グチャグチャになり分からなくなるのです。

私なりに理解したのは、イスラム教というのが必ずしも悪の宗教ではないという事。
純粋に神を信じ、お祈りを捧げる人の方が過激派の人達よりはるかに多いのではないでしょうか。
イスラム教は、弱者を救うという事が多く書かれてるらしいので、普通の人は優しいと思います。
女性がスカーフを巻いたりする、本来の理由も初めて知りました。

今の時代は、過激派のテロ行為や、異常なまでの移民の大多数イスラム教なので、
悪い所ばかり見られると思いますが、それが昔だったらどうだろう。
私は歴史に疎い人間なので、ネットで調べている時にしったのですが、
キリスト教だって大量虐殺を行っていたそうです。
そして今の戦争をしているのだって、キリスト教の信者も必ずいる。
今の時代だから、イスラム教が悪く言われているのかと思いました。

怖いのは、イスラム教の教えの一部分だけを強調して主張し(聖戦など)、
それを利用する過激派がいる事や、大してイスラム教に信仰してないのに戦場へ行く人。

彼らは、洗脳されやすい環境に置かれている若者を洗脳し、過激思考にしたり、
アフリカなんかで言えば、町を襲い幼い子供たちを誘拐し、戦士にする。
そして、彼らに待ってる褒美は、イスラムの教えにある「天国」
イスラム教が説いた天国の絵は、私は全く好きではないのだが、
それを匂わせ、洗脳していく人達に全く賛同出来ない。

そして、今無宗教だったり、別宗教だったりする人が、何らかの形で過激派に賛同し、
シリアなどに渡りイスラム教になり過激派に入る人もいる。
人数にすれば、ほんの一部なのかもしれないが、
テロ予備軍は、決して元々イスラム教を信仰していた人とは限らない。
(日本人学生にも、ただの「興味」だけでシリアに渡った人もいます)

そんな事を読んだり、考えたりしてたら、自分の知識不足が情けなくなるし、
イスラム教の事を何も知らず、一方的に否定的になっていた私ではありたくないと思いました。
イスラム教に限らず、他の宗教の事だったり、国の情勢について知りたいと思っているここ数日。

ただ、この頭が悪いのが大いにネック・・・。
色々知識を得る頃には死ぬ間際なんじゃないか?私(笑)

とりあえず、明日は息子くんの手術日!
今からドキドキするー!!!!

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村
by chocolatecocoa58 | 2015-01-11 23:03 | 日常。

麻酔科の先生と採血。

今日は、手術に備えて麻酔科の先生とのミーティング(?)の日。
専門用語なんて使われたらどうしようと思って、義母とか義妹にお願いしたんですが、
残念ながら仕事・・・。
旦那くんは休みが固定されてるので、有給が取りにくいのに、
月曜日の手術の日の為に休みを取ってもらってるので、今日は無理。

手術が決まった日は、ちょっと気が動転気味だったので、色々不安だったんですが、
時間が経てば落ち着くもので、まぁ、なんとかなるか♪と思い、結局1人(+息子くん)で行ってきました。

で、結果なんとかなりました(笑)
超早口の先生だったけど、質問される内容は事前に記入しておいた紙と同じ事で、
あとは身長と体重。で、聴診器でちょっと診察して、おそらくものの5分弱で終了・・・(苦笑)
旦那くんに無理矢理休みを取ってもらうようにお願いしなくて良かったわ~。

その後、採血をする為にラボへ。
麻酔科の先生と会うより、実際はこっちのほうが心配の種でした。
息子くんの初めての採血。
3才になったばかりの子が、果たしてジッとしてられるのか。そもそも受け入れるのかと。

そんな心配もあったくせに、「痛みを感じさせないように出来る塗り薬があるから、どうする?
塗ったら1時間待たないといけないけど」と聞かれ、
1時間も待つのが嫌だったので、「大丈夫です、このままで」と言った鬼母。
と言っても、多分この子は大丈夫という思いもあったからなんですが。(言いわけじゃなく。笑)

採血室に行く前に、今から何をされるのか説明して、「よし、行こっか」と言ったら、
「Non」と案の定返されました。
なので「これ頑張ったら、プレーンズの飛行機買いにいこう!」と物で釣ったら、
見事にひっかかり(笑)、お姉さん2人と私と一緒にお部屋に行ってくれました。

暴れる事もなく、ちゃんと横たわる事もでき、お姉さんの1人に腕を持たれても拒否せず、
そのまま採決が始まっても泣きもせず、むしろ注射の方ガン見(笑)
天井にある絵の中からカタツムリを探していたら、無事に採血終了。

ほんとに誰の子かと思うくらい良い子でした。
母曰く、私が小さい頃は大の病院嫌いで、注射を打とうもんなら、それはそれは大変だったそう。
私の暴れん坊なDNAを受け継がなくて良かった(笑)

採血が終わったあとは、ご褒美にお姉さんからビスケットとカカオのプレゼント。
それから、超薄っぺらい表彰状も貰いました(笑)

そして、帰る前にちゃんと約束をしてたプレーンズの風船も購入。
ウハウハで帰宅した息子くん。

無事に今日を乗り越えました~!!!
あとは月曜日に待つ本番のみ。
頑張れ息子くん、頑張れ私!(←え?(笑))
by chocolatecocoa58 | 2015-01-10 00:11 | 子育て。

手術決定。

いやはや、新年早々息子くんの手術が決まってしまいました。

以前、O.N.E(保健所みたいな所)で、息子くんの扁桃腺が大きくて気になるから、
一度耳鼻科で見てもらってと言われ、予約を取って行ったんですが、
その時は運悪く咳ゴホゴホの風邪を引いてしまい、通常の時と腫れ具合が違うかもしれないという事で、
とりあえずスルーされ、むしろ耳に溜まってる水の方が気になるとの事で、
そっちの定期検診の為に、再び今日病院へ。

耳の水は右側がだいぶよくなってきてるとの事でしたが、左側にまだ溜まってるらしい。
で、肝心の扁桃腺を見てもらったんですが、やはりかなり大きいとの事。
その場で「これは、取ろうね。これじゃ本人も呼吸するの大変で疲れるからね」
っと言われ、手術決定。

帰る前にAnesthesilogieを予約して、部屋も予約取っておいてと言われ、
Anesthesilogieって何じゃそりゃ??と思いつつ、とりあえず予約しまして、
そのまま病室の予約しに行きまして、答えられない質問をされたので仕事中の旦那くんに電話(笑)
自分のボキャブラリーの低さに撃沈しつつも、帰宅。
(実際は単語の問題というより、保険会社の事だったので知識不足。笑)

で、家に帰ってきてAneなんたらを調べたら麻酔学で、
よく考えると・・・ひょえ~!!!!です。
自分は、健康そのもので育ってきて、一回も手術なんて受けた事がないというのに、
まさかの息子くんが3才で手術・・・。麻酔を要する手術。
子供だし、おそらく全身麻酔なのでは・・・?!

いや、扁桃腺なんですがね。たかが扁桃腺なんですがね。
ついでに言えば日帰りなんですがね。

なんだか若干動悸を感じます・・・。

しかも朝7時に病院に行くんですってよ!!!!
早いわ~~~!!!!!
そっから夜まで缶詰でっせ!何しますの、私!!!(←いや、看病ですって。)

とりあえず、金曜日に麻酔科の先生との予約があって、月曜日に手術です。
麻酔科の先生に会う時に、言葉の壁を感じる気がするので、義母に一緒に来れるか聞いてみる予定。
来れなかったら・・・どうしましょう。はっはっは。

まだ手術なんて分かんないであろう息子くんにどう伝えるかね。
とりあえず、当日は息子くんを不安にさせないようにしないと。
(何度も言いますが、たかが扁桃腺)

てか、肝心の耳の水の話をあまり聞いてなかった・・・チーン・・・。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村
by chocolatecocoa58 | 2015-01-06 22:33 | 子育て。
新年明けましておめでとうございます!!!
12月になんだか予定が色々あって、ドタバタしておりまして、
ドタバタついでに元旦もノリで予定を入れたものだから、
現在全ての疲れがドッときてるのか、常に眠い~。
スキあらば寝ております。zzzz・・・・

2014年は何かあったかなぁと振り返った時、あまりにも早く過ぎ去ったので
特に何もなかったな~と思ってたんですが、ありましたわ(笑)

旦那くんと付き合って10周年を迎えたり(結局何も祝わずに終わったけど。笑)、
未だに学生に見られたりする私が30歳になり、
息子くんが入園して、私の手から離れていったり、
息子くんのバイリンガル具合を心配したり、
数年振りに語学学校に通い始めたり、
なかなかの金欠具合に苦しんだり(笑)・・・・
色々あったな~。

そして2014年は全く日本に帰らなかった1年。
1年日本に帰らないっていうのは、本当に久々です。
ホームシックにはなってませんが、前回帰った時から丁度1年くらいたった頃、
よく日本の夢を見ました。
無意識に日本を求めてるのでしょうかね。

日本に帰れませんでしたが、去年は久々に多くの友人がベルギーに遊びに来てくれました。
誰かが家に泊まるのって大変じゃない?ってよく聞かれるのですが、
私にとっては癒しの時間なので、とてもとても嬉しい事。
おもてなしは苦手だけど、それを知ってる友人だちだから、遊びに来てくれるとホッとします。

それから、隣国にも遊びに行けた1年。
と言っても、パリとロッテルダムとモンシャウだけだけど(笑)
旅行は楽しい♡

今年はどんな人と出会い、どんな経験をし、どんな思いをする1年になるのでしょうか。
目先の目標は日本に一時帰国することです(笑)

来週から通常生活に戻る我が家。
無事クリスマスホリデーボケから解放されるといいのですが(笑)

最後に、題名にも描いたショーンケーキ。
e0203878_4414697.jpg

スポンジは旦那くんが担当してくれて、あとは私。
義姉の家に持って行ったのですが、とても喜んでくれて、
「いつもこんなアイディアどうやって浮かぶの?!」と聞かれたので、
「自然に浮かんでくるんだよ♪」って事は無く(笑)、「ネットだよ」と正直に答えました(笑)

ちなみに、ケーキは作ったものの、ショーンのアニメは見た事ありません(笑)

こんな私ですが、2015年もどうぞよろしくお願いします!!!
by chocolatecocoa58 | 2015-01-04 04:47 | 日常。

国際結婚生活Inベルギー♪


by cocoa58