☆ピカピカの1年生☆

あれだけ長いと思っていた恐怖の2ヶ月夏休みが終わり、
あれも書こう、これも書こうと思っていたブログも2ヶ月間放置!!
これからボチボチ夏休みの事も書いていければ・・・・いいな・・・・(←書かないパターン笑)
***********************************************************
夏休み明けの9月1日。
息子くんが遂に小学1年生になりました☆
同じ敷地内、クラスも年長さんの時と全く一緒なので環境は変わらずなのですが、
新学期前日は、ちょっとソワソワしていました。私が1人で(笑)

入学式というものはないのですが、初日だけは親も校庭に入る事ができました(通常は門の外でバイバイ)。
何をしていたのかというと、とりあえず訳も分からず校庭で待たされ(笑)、
ギャーギャーワーワー騒がしい中で校長先生らしき人がマイク使って何か話してるのも聞こえず(笑)、
だんだん見えてきた光景のより、クラスの担任の先生が呼ばれてその後にクラスメンバーの名前が呼ばれて、
列に並んで教室に入って行くという”イベント”が行われた事が分かりました(笑)

多分、上の学年から呼ばれていたので、1年生である息子くんは最後の方。
無事ちゃんと名前を呼ばれたので、グループの中にかけっていき、そのまま教室へ入っていきました。

親もぞろぞろ付いて行って、しばし写真タイム(笑)
で、先生に「写真はもういいかい??閉めるよー」と言われ、親解散。

そんな初日から今日で1週間。
夏休み感覚が抜け切れてないのもあって、学校から帰ってきてからの時間の使い方がまだ掴みきれてない・・・。
朝もバッタバタ。
まぁ、敗因はちゃんと時間を上手に使えてない私なのですがね。
来週はもっと朝も余裕を持てるようになりたいし、夕方から寝るまでの時間をバタバタしないように動きたい。
つい「早くしてー!」って言ってしまうんですが、ちゃんと時間を上手に使えてない私がいけない・・・。
頭と体を動かさなければ―!!!(気合いれるの遅っ!)

ちなみに息子くんの学校のカバン。
こちらでは日本みたいなランドセル的なものはありません。
タイプは大きく分けて2つあって、背負うタイプのものと、キャリーバッグ。

息子くんのはどうしようかなーと悩み、キャリーバッグにしました。
赤が好きなので赤系を探してたのですが、なかなか無い!あっても女の子用だったり。
で、結局選んだのがコチラ。
e0203878_17502487.jpg
赤ではないけど、息子くんがこのイモリ?が気に入ってポチっと購入。
このタイプが使えるのは、2年間らしい。3年生からもっと荷物が増えるので、もう一回り大きいのが良いんだとか。

ちなみに、これを買ったあとに持って行く物リストをちゃんと読んだら、
「2年間使うバッグを買う人は、背負うタイプの購入を勧めます。」
って書いてありましたー(苦笑)
1年は日本で言う一階に教室があるのですが、2年は2階に教室があるんだってさ。
まぁ、一応これは背負えるようにもなってるので、良しとしよう。(ガラガラが付いてるから、重いけど・・・汗)

とりあえず、日本よりも半年も早く、
そしてまだ5歳の息子くんが小学生デビューを飾ったので、親としては感無量・・・かな?(笑)
宿題がこれから増えてくから、どうにか嫌わないようにもっていけたらなと思っております。

[PR]
# by chocolatecocoa58 | 2017-09-08 17:59 | 日常。
7月1日から夏休みスタートのベルギー。
厳密にいえば、6月30日から息子くんの学校はお休みスタート。

1週目の目玉は、Bellewearde!!!!
動物園と遊園地が一緒になったって所で、息子くんは学校の遠足で行ってドはまりしていたので、
夏休みの間に連れてってあげよう!と決め、弟家族と一緒に行ってきました。

夏休み1週目だったので、混雑ってほどでもなく、アトラクションの待ち時間は20分くらい。
ちなみに、私は絶叫系が乗れないのですが、水系はなぜだか乗れるので、
水は私担当、それ以外は旦那担当で息子くんと乗りました。

最後に乗った大きいウォータースライダーでは、息子くんとイトコたちが一番後ろに乗ったのですが、
バシャ―ンと落ちた後に息子くんを見たら、べっっっっっちゃべちゃ!!!!!!(笑)
まさかこんなに濡れるとは思ってなかったので、タオルも着替えも持って来ておらず、そこからは上半身裸で過ごすことに(苦笑)
暑い日だったのが救いです(笑)

とあるアトラクションの時は、旦那くん、旦那くん弟、彼のパートナーが子供達に付き添いでアトラクションに乗ったので、
私は下で娘ちゃん(8か月)と甥っ子(1カ月半)とお留守番。

そしたら、軽く事件が。
娘ちゃんが寝不足でちょっくら機嫌が悪かったので抱っこしていたら、寝ていた甥っ子が起きて泣きだしたー!!!!(汗)
ってことで、娘ちゃんをベビーカーに降ろしたら、こちらもギャー―――!!!!!
私、一人でアワアワ(笑)

甥っ子を泣かしておくのもありなんだけど、それは心が痛むってことで、
なんとか娘ちゃんのご機嫌を取ろうと、持って行ってた息子くんのミニカーやらを渡し、なんとか泣き止むことに成功!
なので、ギャーギャー泣いてる甥っ子を抱っこして、ゆらゆら~。
娘ちゃんは機嫌が完全に治りニコニコしておりました。
やれやれ・・・。

で、そうやって一人でテンパってる時に、隣にやってきた集団(アラブ系)
ママ&子供たちの大所帯だったのですが、ママ達が全然子供たちを見ておらず、
1人の男の子がジーーーっと私たちの荷物を見ていたので要注意してたら、一眼レフ勝手に触り出したー!!!!!
別に取ろうとか壊そうとかは無かったようですが、人の物に勝手に触ったらいけんだろー!!って事で、私が注意。
親は親同士で何やら喋ってるのか言い争ってるのか、全然気づいておらず・・・。
やっと去ってたと思ったら、そこら中ゴミだらけー!!!!
っと、この日一番イライラした出来事でした。

ですが、園内で過ごした時間はとてもとても楽しかったです。
実は遊園地嫌いの私も結構楽しめました。友達と行くより子供と行く方が私には合ってるのかもしれません。
なんせ絶叫マシーンが乗れないので(笑)

そんなこんなで、夏休み1週目はこの目玉行事以外も何かと忙しく、気付けば唇ヘルペスが出来た私。
からの、娘ちゃんの風邪を旦那くんが見事にもらって体調不良。
からの、娘ちゃんが昨日嘔吐&発熱。
唯一元気な息子くんは、今週はスタージュ(夏休みにある習い事的なやつ)のサッカーに初挑戦。
サッカーを自分でしたいと言ったものの、ルールも知らないし、運動得意な方じゃないし、
サッカー熱が強いベルギーだから他の子と上手くやってけるのかとか、1週間少し不安。
金曜までやりきったら、ご褒美に室内遊技場に連れてってあげようと思います。
(え?それがご褒美?!笑)

とりあえず、2週目は比較的静かに過ぎて行きそうです。
早く娘ちゃんの体調が万全になりますように。

[PR]
# by chocolatecocoa58 | 2017-07-12 01:00
もうすぐ今学期も終わり。
長い長いながーーーい夏休みがもう目の前です。嫌です(爆)

さて、うちの息子くん。
本は嫌いではないのですが、大好きってほどでもありません。
昔から寝る前の読み聞かせはしてきましたが、物語より図鑑係を好むタイプです。
海の動物やら乗り物やら恐竜やらといったところでしょうか。
図鑑系が好きなので博学なのかと思いきや、記憶力が悪いのか覚える気がないのか、知識が増える事はありません(笑)

そんな彼が最近ハマってるのは、絵本アプリの「PIBO」。
元々タブレットが好きなので、試しにPIBOをダウンロードをしてみたところ、毎日毎日見ています。
自動音声もついているので、一人で”読む”事も出来ます。
寝る前もPIBOが良いというので、その時は自動音声を切って私が読んでいます。

一日3冊までなら無料で読めるのですが、あまりにもハマっていたので、読み放題にするべく毎月払う事に。
と言っても、月4€くらいなのでかなりお得。
本の種類もかなり多く、新しい物も次々更新されているらしいし、
何より新しい絵本を日本で仕入れなくても、これで自然と日本語を学べるのでありがたい。

ほんと便利な世の中になったな~と。
まだまだひらがな読めない物が多く、書くなんてもっての他!って感じですが、
彼の成長のペースと私のやる気具合に合わせて、のんびりゆったり日本語学習していきたいと思います~。


[PR]
# by chocolatecocoa58 | 2017-06-27 22:33 | 子育て。
あ。やっぱり期間が空いてしまった~。
前回子連れの飛行機について一気に3つ書いたから、力尽きてしまった(笑)
そして、気力をチャージしてたら、もう6月終わっちゃいそうです。暑いです、ベルギー。
今日がピークだったようで、室温がなんと32℃。ヤバかった・・・。
今週は娘ちゃんもなかなか昼間は寝付けず、寝てもすぐ起きちゃって可哀想でした。
明日から気温が落ち着くようなので、早く通常通りになって欲しい~。
でも、下がり過ぎるのは嫌だ(笑)

6月前半は、なかなかショックな事がありました。

簡単に説明すると、水曜日にとある会社の面接を受け、
金曜日に採用オッケーの返事をもらっていたのですが、
3連休明けの火曜に電話がかかってきて「本当に申し訳ないのだけど、別の人が見つかってしまった」と・・・。
つまり、採用決定してたのに白紙に戻りましたってやつです。

いや~、久々に悲しくて涙が・・・。
1週間ぐらい情緒不安定でした。この私が。この私がっっっ!!!(知らんがな!笑)

気持ちが沈む時って「もし~だったら」っていう思考になりがち。
でも、もしも・・・という考えは自分をさらに落ち込ませるし、なんせそんな事を思ったところで何も変わらない。
それを分かっているから、なんとか気持ちをソッチに持って行かせないようにしていたら、持ち直しました(笑)

ただこの事で、旦那くんは勿論、旦那くん家族がブチ切れてくれて、
ママ曰く、義父、義弟、元義弟は職場まで文句言いに行きそうな勢いでキレてたらしい(笑)
私は大体怒りより悲しみが先に来るタイプなので、私の代わりに誰かが怒ってくれるのはありがたい。
そして、こんなに自分の事を想ってくれる家族がいるんだと思えた事は大きい。

まぁ、働けていたら通勤時間に片道1時間かかっていたし、やっぱり託児所とかは高いし。
娘ちゃん、まだ7ヵ月だし。
きっと神様がまだ娘ちゃんと一緒にいてあげなさいって言ってるんだろうと。(神様信じてないけど。笑)

そんなこんなで、立ち直ってから頃から、ベルギーに夏日が来て死にかけておりました(笑)

さぁ。長過ぎる夏休みが来るまでもう少し。
7月に小旅行に行きたいと思ってるので、その計画を練りつつ、
グチャグチャ過ぎる我が家を片づけていきましょう(笑)

とりあえず、元気です。

[PR]
# by chocolatecocoa58 | 2017-06-23 06:02
今日はこどもの日ですねー。
去年はツワリでそれどころじゃなかったので、今年は簡単にでも何かご飯作れたらな~と思ってます♪

さて。長い長いフライト日記は、今回で終わります!(笑)
最後のベルギー編、レッツゴーです!!!!

********************************************************************
搭乗日。

実は大阪ーヘルシンキのフライトでは、バシネット席が既に予約されていて取れませんでした。
こりゃ抱っこか?!なんて思ってたのですが、真ん中の4列席のうち3席を使わせてくれたので、
娘ちゃんを転がすスペースは確保出来ました。

日本行きは息子くんもとても静かで良い子だったのですが、今思えばあれは夕方~夜の便だったから。
ベルギー行きの時は、思いっきり真昼間=元気ありまくりの真昼間。
しかも、恐らく疲れもそれなりに溜まっていたのか、フライト前半は愚図りが多かった・・・。
これが大変で。
丁度妹ちゃんが眠いのに寝れず、立って抱っこしてユラユラしてないといけない時に、息子くんが愚図る。
怒ろうにもほぼ満席で周囲にたくさんが人が居たので強く怒れない。

私たちと同じ席に座っていた女性の方がとても親切にしてくださり、
息子くんをなだめようと話しかけてくれたり、ご飯を食べさせようとしてくれたりしたのですが、
ご機嫌斜めの息子くんの態度の悪さっ!!!
いや、ほんとあの時は息子くんを怒鳴りつけたくて仕方なかったですが、
とりあえず、自分のイライラピークなのを何とか抑えようと必死でした。

でもしばらくすると、息子くんも私の殺気を感じてか(?!)だいぶ落ち着きを取り戻しましたが、
私が妹ちゃんを連れて後ろの方に行くというと、一緒に行く!!!と言ってついてきました(汗)
本当は席でじっとしてくれてるのが一番ですが、妹とママが行くのだから行きたいというのが当たり前。
なので仕方なく一緒に行く事に。

救われたのは、フィンエアーのキャビンアテンダントさんは子供好きが多く、
言葉が通じないのにも関わらず、息子君の相手をだいぶしてくれた事。
娘ちゃんも抱っこしてくださり大変助かりました。

その時に話しかけてくれた日本人の方は、ドイツに住んでいて8~9歳くらいの息子さんと日本に一時帰国していたそうで、
席が隣だったらもっと助けれたんだけど・・・と言って下さり(涙)
その言葉だけで十分です~!!!!!(確かハンブルグって言ってましたよ、komugiさん!!!笑)

実はその方、私たちの席と通路を挟んだ反対側に居たんですが、私たちが右の3席に座っており、
左側の通路の方に居た女性の方と微妙に遠かったのです。
この微妙な距離感が残念です(苦笑)

さて、娘ちゃんですが空いた席に寝転がしておくこともできましたが、やはり寝心地がそんなによくないのか
バシネットの時と比べて寝てくれず、寝つきも悪かったです。

バシネット席に座ってる方を見たら2人子連れの4人家族だったのですが、
バシネットに入るのか?!と思うくらい大きく見えたし、
なんなら私たちの方まで泣き声が聞こえるくらい愚図っていたので、
案の定バシネットではなくお母さんの腕の中。

私は心の中で思っていました。
いやいやいや!!!抱っこするなら、そこの席譲ってくれ!!!うちの子なら寝るから!
バシネットで寝るから!!!!と。
まぁ、どうにもならない事ですが・・・そう思わずにはいられませんでした(苦笑)

それでもどうにかこうにかヘルシンキに着き、乗り換え時は本当にスムーズに行き、
ヘルシンキーベルギーの飛行機では、子供が二人とも寝落ち。
嘘のように静か――――な2時間半のフライトでした(笑)

ブリュッセルに着いた時は、深い深い眠りに落ちている息子を起こさないといけないのが可哀想でしたが、
特に愚図る事はなく、ちゃんと自分の荷物を持って出てくれました。

ただ、荷物を取りにいって出口まで向かう時、息子くんに大きいスーツケースの一つを押してもらう予定だったのに
疲れすぎてた彼はそれを拒否。
気持ちは分かる。でも、息子くんに押してもらわないと私は完全に身動きが取れない。
(大きい2つのスーツケースとキャリーケースはトレーラー(?)に乗せてたので、もう一つ乗せるのは不可能!!)

なんとかやる気にさせようとしていたら、ヘルシンキから同じ飛行機に乗っていた日本人の女性の方が
「持ちますよ!!」と声をかけてくださりました~!!!!(涙)
もう本当に感謝感謝です。

出口から出たら旦那くんをすぐ見つけれたので、日本人の方にお礼を言って荷物を引き取り、
ようやくここで一安心。
1カ月日本語付けだった息子くんは、パッとフランス語が出ず、主に私に話しかけてきたのが面白かったです(笑)

そんなこんなで、初めての子供二人を連れてのフライトは終了したわけです。
敗因は、やはり関空を利用した事でしょうか。
移動距離が長いし、不便だし、なんと疲れた記憶しかない(苦笑)
あとは、帰りの時はパスポート事件のせいで頭がパニックになっていたので、
息子くんの為に用意していた新しい本やお菓子やらを手荷物に入れ忘れていたという事。
完全自業自得です。

息子くんが愚図って大変でしたが、でもトータルで考えるとやっぱり頑張ってくれたと思います。
愚図ったといえど泣き叫ぶとかはなかったし、前半愚図りがあっただけで後半はかなり良い子でした。
乗り換えの時も問題なく、自分の荷物は自分で持ち、疲れてるのに最後まで歩いてくれたり。
一方の娘ちゃんも居心地が悪い席でも、遊んでくれたり、愚図ることもなく寝たり起きたり寝たり起きたり。
移動の時も抱っこ紐でじーーーっとしてくれてたり。

フライトアテンドさん曰く、泣いてる子というのは、ほんとにずーーーーーーーっと泣いてるそうなので、
私はラッキーです。
こんな長いフライトを毎回毎回乗り切ってくれる息子くん、そして初フライトを無事を無事乗り切ってくれた娘ちゃん。
ほんとにほんとにありがとう。

次はいつ帰ろうか?(笑)

[PR]
# by chocolatecocoa58 | 2017-05-05 18:13

国際結婚生活Inベルギー♪


by cocoa58